布に



前述のコンサート会場 北鎌倉古民家ミュージアムでは
「百徳着物と背守り展」~布にこめた祈り~
が開催されておりました

すべてをゆっくり見る時間はなかったのですが
子供の着物に込められた思いはしっかり伝わってきました

パンフレットからの引用ですが
百徳着物とは
布が貴重であった昔、「小豆三粒ほど包める布は捨てるな」と戒めがあり、
誰もがいとおしむように小さな布片をも捨てずに集めて大切に残しておきました
百徳着物とは、生まれた子供を多くの人々の力で守るために、
いただいた布片を接ぎあわせて仕立てた着物のことです

1401283.jpg


1401284.jpg

古い布を収集されて着物を作られている三瓶清子さんの創作作品や
多くのコレクションが展示されています

背守りはこどもの着物の背から悪いものが入らぬようにと
刺繍や飾りを縫い付けてある着物のことで
鳴海友子さんという方のコレクションがありました

物を大事にすること
愛のかたち
もっとしっかり見ておけばよかったな
と今になって思います



素敵なデザインの布地にも驚かされました

1401285.jpg


この着物を着ている子供のいる風景が浮かびそうです

1401281.jpg


2月2日までの展示だそうです















スポンサーサイト

コメント

No title

はぁぁぁ~・・・
近ければなぁああ・・・
お二方の活動は存じていますが、目にする機会が無くて・・
つないでいる一枚一枚が宝のような布ですね。

Re: No title

クウーママさん
パッと目に入ってきた時に
和製のパッチワークが!?って思いました。
百徳着物というものを知らなかったのです。
布はとても貴重でそれを愛する者のために大切につなげていっていたんですね。
洋の東西を問わずある愛のかたち 素敵でした。
Secre

プロフィール

noe

Author:noe
湘南在住のフラワーデザイナーです。
大好きなお花や動物、音楽のことなどを写真とともに綴っています。

Instagram
これまでに作った作品を紹介していくブログを始めました。 こちらもどうぞご覧になってください (写真をクリックしてくださいね)
アトリエのご案内
お好きな題材でお好きなものを制作していただいているお教室です。 基本はきちんと押さえつつ 自由性や創造性を大切にしています。 お花に囲まれて楽しいひと時を過ごしませんか。 初心者の方も大歓迎です。 下のメールフォームからもどうぞお気軽にお問い合わせください。
*このブログはリンクフリーです
メールボックス
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
動画作品集
2011年秋~冬 画面右下の□をクリックしていただくと大きな画面で見ることができます
検索フォーム
リンク
Revolver maps
Flag Counter
Counter
RSSリンクの表示
QRコード
QR